Tag Archives: CWP

ご紹介。阿部恒憲先生

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 5th semester Contemporary Writing and Production major, trombone principal student. Also, she has many experiences of singing in choirs and a cappella choruses since she was a child. She Graduated Kunitachi College of Music in Tokyo with bachelor of music degree from music education major. Therefore, has license of teaching music in japanese Junior high/high schools.

みなさんこんにちは。
2回に渡り、小田桐和寛さん、寺久保エレナさんの卒業生インタビューをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

さて、今回は、秋学期に履修していたVocal Writingの授業で教えていただいた阿部恒憲先生と、そのクラスで一緒だったサラがバークリーブログの韓国語担当なので、昨年末、学期最後の授業の際に記念に撮った写真をご紹介します。

写真一番左から、台湾出身のクラスメイト、ミカ、阿部先生、私、そして韓国語ブロガーのサラです。

この授業では、強弱記号や英語の歌詞を楽譜でどのように表記、配置するか、ボーカルパート譜の作り方、ハモりパートが1−4パートある場合のアレンジの仕方、バリエーション、録音時や録音後にミックスする時のテクニックやちょっとしたトリックなどなど、とっても詳しく丁寧に教えていただきました。
私は産まれる前から合唱やアカペラに親しんできましたが、作編曲はしたことがなかったので、色々と新しい学びが多く、特に英語の歌詞の表記などはとっても勉強になりました。
阿部先生は厳しいことで有名ですが、学生のために間違ったことを覚えないよう、或は怠けることが学生自身の損につながることを教えてくださるので、いつも新学期の授業を登録する際にはすぐに満席になってしまい、とても人気があります。

私は阿部先生の授業はもう履修することは出来ないのですが、阿部先生が2007年から指導しているNPOBoston Jazz Voicesのメンバーなので、BJVで引き続きお世話になります。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、バークリーは今週から春学期が始まりました!
今学期入学した新入生は、先週から入学手続きに続いてオリエンテーションや実力テストを受けたり、上級生から色々と説明をしてもらうPeer Advisorというグループ分けをされるミーティングに集まったりしています。

バークリーでは、授業によっては実力試験で受講修了後と同等以上の知識が認められれば授業を受けずに単位をもらうことができますが、そのテストは授業が始まる前週に行われます。そして毎学期授業の第一週目は仮で、二週目が始まる前日まで授業の変更が可能です。私は卒業まで計画的に授業を履修するために、今週は色々な先生に連絡をして会ってもらって相談したり、今学期の授業の組み立てを色々と考えています。うまく行くことを願って。。。

それでは、良い一週間をお過ごしください。

El placer de aprender en los estudios

Stefano Melillo Melendez , from smmblogsCaracas Venezuela, is a fifth semester student at Berklee, majoring in Music Business and Contemporary Writing and Production and his principle instrument is violin. 

Stefano Melillo Meléndez, de Caracas Venezuela, en su quinto semestre estudia Music Business y Contemporary Writing and Production y su instrumento principal es el violín

Llega un momento en la carrera de cualquier estudiante cursando materias con enfoque en arreglos y producción donde se hace posible la opción de usar los estudios de producción llamados “Production Suites” y en casos especiales (para proyectos específicos dentro de determinadas materias) disfrutar de los nuevos estudios de grabación. Continue reading

Midterm終了間近!

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 4th semester Contemporary Writing and Production major, trombone principal student. She also studies jazz vocals, and vocal ensemble. She graduated Kunitachi College of Music in Tokyo with bachelor of music from music education major. She has license of teaching music in japanese Junior high/high schools.

こんにちは。
ボストンでは11月1日の深夜にサマータイムが終わって、iPhoneやMacBookの時計は午前1:59の1分後に午前1時になりました。これで日本との時差は14時間差です。

さて、私は中間試験のプロジェクトが一つ残っているのですが、昨日レコーディングが全て終わったので、これからミックスをしてウェブサイトにアップロードをしたら中間試験は終了です!
このプロジェクトはCWP major必須のWriting for Small Ensembleという授業のもので、Smallと言ってもLead vocal, Backup vocals(男女2人ずつ), 5horns, rhythm section, percussionという編成でポップス曲を自分で編曲して録音する、というプロジェクトです。
少ない楽器編成ではないのにスモールと名前がつくのは、CWPはこの後Big bandのアレンジを習う授業があるからだと思われます。

私は、リズムセクション、パーカッション、ホーンセクションを一度に呼んで、Music Production and Engineering(MP&E)という大きな録音スタジオが使える専攻の友達に録音をお願いしました。

スタジオは12am-4amの4時間予約し、準備に30分、録音に1時間、と簡単に考えていたのですが、実際には録音の準備だけで2時間弱かかり、録音自体は1時間半ほどで6.5回通して、片付けの時間を考慮してスタジオ利用終了時間の30分前に録音終了をして解散しました。

下の写真は、私がいたブースからの眺めです。
よりクリアな音を録音するため、5人の管楽器奏者とリズムセクションとの間を可動式の壁で仕切っていました。

後日、CWPのスタジオを4時間予約し、3人のボーカリストを呼んで、リードボーカル&バッキングソプラノ、バッキングテナー1、バッキングテナー2を歌ってもらい、最後に自分でバッキングアルトを録音しました。

演奏者の人数が多いと録音にも時間がかかりますが、その後ミックスするのにも時間がかかります。
こうして録音した音源から全パートそれぞれ使う部分を決めて、必要に応じて手を加えるのですが、自分のノートパソコンで作業をすると画面が小さくて不便なので、学校に行って大きな画面のパソコンで作業をします。ただ、あまり遅くまで学校にいたくないので、自分の部屋に大きなスクリーンが欲しいところです。。。
それから、ミックス作業はヘッドフォンとスピーカーでは全く違うバランスになってしまいます。ミックスをするためだけでも学校のスタジオを利用できますが、一日2時間までという決まりがあり、2時間ではとても足りないので、結局スピーカーも自分の部屋に欲しくなります。。。
そろそろブラックフライデーといって国中が大幅値下げセールを行うので、スピーカーはその時期を狙います!ハードディスクドライヴも買わないといけないので、大きなスクリーンは我慢です。。。
自宅録音用のマイク、ヘッドフォンもグレードアップしたいので、お金が心配ですが、必要なので仕方ないですね。

そんなわけで、物欲と戦いながら仕上げ中のプロジェクトは、来週のブログで共有したいと思います。

ボストンでは昨日11月2日初雪が降りました。初雪というか、初ストームというか・・・
はい、吹雪いていました。
日本もそろそろ寒くなる時期ですね。体に気をつけて、早くも残り2ヶ月となった2014年を駆け抜けてまいりましょう!

Dicas de gravação e mixagem

Vinicius Sa
Vinícius Cavalieri de Sá Coutinho, born in São Paulo on March 8, 1992, is a Brazilian guitarist and composer. 
Este assunto pode interessar às pessoas que produzem suas próprias músicas em um home
studio, ou produzem músicas de outras bandas, ou jingles. Não importa qual seja a área, vou
contar um pouco das dificuldades que já tive com microfonação dos instrumentos e mixagem.

Continue reading

新校舎レポート

Yoshie Nakayamayoshie, from Tokyo, is a second semester Contemporary Writing and Production major and trombone principal. She also studies jazz vocals, and has a strong interest in a cappella.

こんにちは!ボストンはだんだん夏らしくなって、半袖の日が増えてきました。
でも建物に入ると冷房が強めの場合が多いので、着るものに悩みます。

さて、今日は新しいビル160 Mass Ave.の地下2階にできた、CWP(Contemporary Writing and Production)専攻の教室とProduction Suiteのご紹介です。今学期オープンしたばかりで、先週オリエンテーションに行った時には、まだマイクやアンプなどをスタジオに搬入していました。  Continue reading