ボストン引っ越し事情

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 4th semester Contemporary Writing and Production major and trombone principal. She also studies jazz vocals, and a cappella.

こんにちは。9月になりました。
アメリカは新年度です!
というわけで、バークリー周辺にも親御さん連れで引っ越してくる新入生をたくさん見かける今日この頃です。このブログをお読みの新入生の皆様、おめでとうございます!
昨日からオリエンテーションが始まり、歓迎コンサートなど色々なイベントが開催されています。
私も渡米からちょうど1年が経ち、ボストンに引っ越してきた頃のことを思い出します。

というわけで、今日はボストンの引っ越し事情をご紹介します。
引っ越しのご経験がある方は、荷物をまとめてから新居が片付くまでの大変さは想像がつくと思います。
ボストンでは、退去して新居に直接荷物を入れられないことが多いです。ボストンでは賃貸契約開始や解約は月の途中から結ぶことができるところがほとんどありません。どこのアパートも31日まで住人がいて、1日から新しい住人を受け入れる状態にするため、退去から入居までの数時間で、掃除、壁の塗装などをするわけです。一つのアパートで住人の半分が入れ替わることも珍しくないので、清掃業者は急ぎ足です。

というわけで、住む側の私たちとしては入居の際に満足の行く状態になるわけはなく、電灯がつかない、排水が詰まるなどなど、オマケが付くことも多いです。
また、退去は31日の夜までにしなくてはいけないのに入居は1日の朝や昼までできないということは退去日に泊まる場所がなくなるので、大家の指示に従わず、31日に退去せずに1日の早朝に退去する人も珍しくありません。
指示に従う場合は、31日から1日にかけて新居の廊下まで荷物を搬入して、そこで荷物を見張って部屋に入れる状況になるまで過ごすか、可動式倉庫をレンタルする、或は知人宅に荷物を置かせてもらったりした後で、清掃が終わってから荷物を搬入するという2−3段階のプロセスを経なければなりません。

このような動きがボストン中で2日間に渡って一斉に行われるので、レンタカーが一気に増えて渋滞が起き、徒歩圏内で引っ越す人は手で家具や荷物を運ぶので歩道もてんやわんやのお祭り状態です。
道端に家具やゴミが山のように放置され、それを収集する車が深夜に稼働して、ボストンが眠らない町になります。

このように大変な労力のかかる引っ越しですが、友達の引っ越しを手伝うことで人のつながりが広がったり、同じアパートに引っ越し中の知らない人同士が助け合ったりするのは、大変な中でも心安らぐ部分です。
今後なるべく引っ越しをすることなく過ごせると良いのですが・・・

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください。

Carreiras na área de Music Education

Vinicius Sa
Vinícius Cavalieri de Sá Coutinho, born in São Paulo on March 8, 1992, is a Brazilian guitarist and composer. 

Hoje venho falar sobre as diferentes possibilidades de trabalho e áreas procuradas por recém-formados pelo major de Music Education na Berklee College Of Music. Este major foca literalmente na área de educação e maneiras didáticas, assim como o próprio nome diz.

Continue reading

Study Abroad: Let the Final Countdown Begin

HollisHollis Mugford is a sixth semester Professional Music major at Berklee. She is a pop, R&B, and country singer from Virginia. Her passion for writing and travel have inspired her to share her experiences and thoughts with the Berklee community and beyond as she embarks on her first semester abroad in Valencia, Spain. 

 

image (1)Only 15 more days until Valencia! My apartment is looking sparser and sparser, my packing list is getting longer and longer, and my patience is getting less and less. I just got my student Visa from the Spanish Consulate’s office this week, and pulled my luggage out of storage. What has seemed like an eternity of planning and anticipation now is finally becoming a reality with every passing day. Only a few days since I’ve completed my finals, and just mere weeks away from leaving the country, I find myself asking how to pass the time. How do you bridge the gap between where you are, where you want to be, and where you will be? It’s like the anticipation of waiting to begin a race. You’re stomach cramped with anticipation, just waiting for the whistle to blow, and before you know it you’ve covered yards of distance and you’re crossing the finish line. Continue reading

ローガン国際空港からのアクセス

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a Third semester Contemporary Writing and Production major and trombone principal. She also studies jazz vocals, and a cappella.

こんにちは。バークリー日本語ブログをご覧いただきありがとうございます。
そろそろ季節の変わり目ですが、みなさまお変わりないでしょうか。

今日の記事は、ボストンのハブ駅であるGovernment Center駅と庁舎が改装工事中で、当該駅が2年間利用不可となっていることから事情が変わりつつあるボストンローガン国際空港からのアクセスについてです。

一番楽なのは、もちろんタクシーです。
空港からバークリーまで7.5kmほど。時間にして20分程度で、料金とチップで合計$25ほどです。

続いて、空港からシルバーラインという電車のような名前のバスを利用して、その後MBTA が運営する’ T ‘ (地下鉄・電車)を2回乗り継ぐ方法があります。 運賃は$2.65、時間にして約40分です。
Tを利用するルートは、Government Center駅を利用するのが主流でしたが、現在overnment Center駅は改装工事による閉鎖中で、乗り継ぎすらできません。

ここで昨年2013年4月にMBTAが始めたシャトルバスLogan Expressの出番となりました。
空港からバークリーがあるBack Bayという地区へのバスは6:00am-10:00pmという時間帯で20分おきに運行していて、運賃は$5ですがMBTAの定期券を持っていれば無料です。(現金は受け付けず、デビッドかクレジットカードでないと支払えないので注意してください。)

バークリー最寄りのLogan Expressのバス停はHynes Convention Centerという、Tの駅名にもなっている大きな展示場です。(同じ名前で展示場、地下鉄の駅名、そしてシャトルバスの停留所の3つを指すので注意してください) そこからバークリーまで大体徒歩3分ほど。
空港へ向かう時も同じバス停から出発し、各ターミナルに停まって行くので便利です。

というわけで、今日は空港からのアクセスをご案内しました。
来週からは秋学期のオリエンテーションやテストアウト(バークリーでは授業を受けた学生と同程度の知識があるかどうか見るための筆記試験をテストアウトと言い、この試験でAかBが取れれば当該授業の単位がもらえます。)が始まりますので、何かしらバークリーの様子をみなさんにご紹介できるかと思います。 お楽しみに。

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください。

Carreiras na área de EP&D (Electronic Production & Design)

Vinicius Sa
Vinícius Cavalieri de Sá Coutinho, born in São Paulo on March 8, 1992, is a Brazilian guitarist and composer. 

Nesta semana escolhi o major de EP&D para poder pesquisar sobre os diferentes ramos que podem ser tomados após a graduação neste. Descobri que este major abrange inúmeras áreas, e todas elas são muito interessantes e há uma grande procura de recém-formados em cada uma destas áreas.

Continue reading