Category Archives: Japanese

Test Out – テストアウト

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 4th semester Contemporary Writing and Production major and trombone principal student. She also studies jazz vocals, and vocal ensemble.

こんにちは。
さて、先週から秋学期の授業が始まりました。
バークリーでは‘Credit by Exam’通称「テストアウト」と言って、授業が始まる前週や中間試験の時期に課題を提出したり実技試験や筆記試験を受けるなど(授業によってテストアウトの時期や方法の指定があります)して、授業を受講した学生と同等の知識/技術を持っていると認められた学生には、そのテストを以て単位が与えられるシステムがあります。
私は国立音楽大学でクラシックの和声学の授業を受けたので、バークリーで専攻しているContemporary Writing and Production(=CWP)で必須のTonal Harmony(クラシックの和声学)1,2のうち、1を先週テストアウトしました。
テストアウトの試験は2012年度まで失敗しても成功するまで何度受けても良かったようですが、2013年度、ちょうど私が入学した学期からテストアウトの試験のチャンスは一度に変更され、そこで合格しなければ授業を受けなければならないシステムに変更されたので、私は春と夏学期に二度、Tonal harmony1のテストアウトをする申込みをしたのですが、二回とも結局勉強が足りず受かる気がせずテストを受けず、今回やっとテストを受けて何とかテストアウトに成功することができました。
前回のブログにも書きましたが、最初の一週間のうちは授業を組み替えることが可能なので、Tonal Harmony2の内容は時間をかけてきちんと理解するために、今学期Tonal Harmony2を受講することにしました。

私は国立音大で指揮法の授業も受けたので、同じくCWP必須の指揮法1,2もテストアウトしようと指揮法の先生に以前相談したところ、指揮法1はテストも受けずにその場で単位をもらうことができました。先日、指揮法2のテストアウトの相談に行ったところ、今週金曜にその先生の前でストラヴィンスキー作曲「ペトルーシュカ」の始めからこの映像で1:33までの指揮をするように言われました。指揮法2を受講する学生の期末試験は、この曲を全て指揮するそうです。

5/8拍子、7/8拍子などの変拍子が数小節ごとに入れ替わっていたり、同じ小節で楽器によって6/8拍子と2/4拍子と違う拍子記号になっていますし、テンポが早いので難しそうです。国立音楽大学の指揮法の授業よりもはるかに難しいレベルで焦っていますが、来週のブログでテストアウト成功のご報告ができるように頑張ります!

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください。

秋学期始まりました

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 4th semester Contemporary Writing and Production major and trombone principal. She also studies jazz vocals, and a cappella.

こんにちは。今日から秋学期が始まりました。

こちらでは年度の始まる学期なので一番新入生の数が多く、今学期は1000人以上が入学し、そのうち日本人は約50名(今学期入学の留学生シェア第5位)だそうです。一番多い留学生は韓国籍の学生なのですが、今回は約250名の韓国人学生が入学したようです。
というわけで、先週は様々な歓迎イベント/コンサート、オリエンテーションなどが開催されました。

また、新入生は最初の週に全専攻共通必須科目のHarmony, Ear Trainingや楽器の実力テストに加え、更に留学生は基本的に英語の実力テストを受けます。その結果によって学校側が各学生に適した授業を組むので、自分のレベルに合わせた授業を受けることができますが、逆に言えば最初の学期は学生自ら授業を組むことは基本的にできません。
ただ、毎学期第一週目は先生と相談した上で席数に空きのあるレベルの違うクラスに変更することも可能で、一週目はお試し期間も兼ねており、学生の自己紹介をしあったり、授業の内容を説明するなど、オリエンテーションのような内容だけで早く終わることも少なくありませんが、最初からきっちり授業をする先生もいらっしゃいます。

さて、今年の1月にオープンした新校舎にカフェテリアが移動したことで、旧カフェテリアはずっと放置されていましたが、先日、旧カフェテリアに隣接した個人練習室を利用しようとしたところ、このように貼り紙があり、入れなくなっていました。

中を覗いてみると、なんと練習室の壁が取り壊され、小さな個人練習室の部屋たちが大きな部屋の一部と化していました。アンサンブルルームになるのでしょうか。どうなるのかわかりませんが、完成が楽しみです。

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください。

ボストン引っ越し事情

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 4th semester Contemporary Writing and Production major and trombone principal. She also studies jazz vocals, and a cappella.

こんにちは。9月になりました。
アメリカは新年度です!
というわけで、バークリー周辺にも親御さん連れで引っ越してくる新入生をたくさん見かける今日この頃です。このブログをお読みの新入生の皆様、おめでとうございます!
昨日からオリエンテーションが始まり、歓迎コンサートなど色々なイベントが開催されています。
私も渡米からちょうど1年が経ち、ボストンに引っ越してきた頃のことを思い出します。

というわけで、今日はボストンの引っ越し事情をご紹介します。
引っ越しのご経験がある方は、荷物をまとめてから新居が片付くまでの大変さは想像がつくと思います。
ボストンでは、退去して新居に直接荷物を入れられないことが多いです。ボストンでは賃貸契約開始や解約は月の途中から結ぶことができるところがほとんどありません。どこのアパートも31日まで住人がいて、1日から新しい住人を受け入れる状態にするため、退去から入居までの数時間で、掃除、壁の塗装などをするわけです。一つのアパートで住人の半分が入れ替わることも珍しくないので、清掃業者は急ぎ足です。

というわけで、住む側の私たちとしては入居の際に満足の行く状態になるわけはなく、電灯がつかない、排水が詰まるなどなど、オマケが付くことも多いです。
また、退去は31日の夜までにしなくてはいけないのに入居は1日の朝や昼までできないということは退去日に泊まる場所がなくなるので、大家の指示に従わず、31日に退去せずに1日の早朝に退去する人も珍しくありません。
指示に従う場合は、31日から1日にかけて新居の廊下まで荷物を搬入して、そこで荷物を見張って部屋に入れる状況になるまで過ごすか、可動式倉庫をレンタルする、或は知人宅に荷物を置かせてもらったりした後で、清掃が終わってから荷物を搬入するという2−3段階のプロセスを経なければなりません。

このような動きがボストン中で2日間に渡って一斉に行われるので、レンタカーが一気に増えて渋滞が起き、徒歩圏内で引っ越す人は手で家具や荷物を運ぶので歩道もてんやわんやのお祭り状態です。
道端に家具やゴミが山のように放置され、それを収集する車が深夜に稼働して、ボストンが眠らない町になります。

このように大変な労力のかかる引っ越しですが、友達の引っ越しを手伝うことで人のつながりが広がったり、同じアパートに引っ越し中の知らない人同士が助け合ったりするのは、大変な中でも心安らぐ部分です。
今後なるべく引っ越しをすることなく過ごせると良いのですが・・・

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください。

ローガン国際空港からのアクセス

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a Third semester Contemporary Writing and Production major and trombone principal. She also studies jazz vocals, and a cappella.

こんにちは。バークリー日本語ブログをご覧いただきありがとうございます。
そろそろ季節の変わり目ですが、みなさまお変わりないでしょうか。

今日の記事は、ボストンのハブ駅であるGovernment Center駅と庁舎が改装工事中で、当該駅が2年間利用不可となっていることから事情が変わりつつあるボストンローガン国際空港からのアクセスについてです。

一番楽なのは、もちろんタクシーです。
空港からバークリーまで7.5kmほど。時間にして20分程度で、料金とチップで合計$25ほどです。

続いて、空港からシルバーラインという電車のような名前のバスを利用して、その後MBTA が運営する’ T ‘ (地下鉄・電車)を2回乗り継ぐ方法があります。 運賃は$2.65、時間にして約40分です。
Tを利用するルートは、Government Center駅を利用するのが主流でしたが、現在overnment Center駅は改装工事による閉鎖中で、乗り継ぎすらできません。

ここで昨年2013年4月にMBTAが始めたシャトルバスLogan Expressの出番となりました。
空港からバークリーがあるBack Bayという地区へのバスは6:00am-10:00pmという時間帯で20分おきに運行していて、運賃は$5ですがMBTAの定期券を持っていれば無料です。(現金は受け付けず、デビッドかクレジットカードでないと支払えないので注意してください。)

バークリー最寄りのLogan Expressのバス停はHynes Convention Centerという、Tの駅名にもなっている大きな展示場です。(同じ名前で展示場、地下鉄の駅名、そしてシャトルバスの停留所の3つを指すので注意してください) そこからバークリーまで大体徒歩3分ほど。
空港へ向かう時も同じバス停から出発し、各ターミナルに停まって行くので便利です。

というわけで、今日は空港からのアクセスをご案内しました。
来週からは秋学期のオリエンテーションやテストアウト(バークリーでは授業を受けた学生と同程度の知識があるかどうか見るための筆記試験をテストアウトと言い、この試験でAかBが取れれば当該授業の単位がもらえます。)が始まりますので、何かしらバークリーの様子をみなさんにご紹介できるかと思います。 お楽しみに。

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください。

Green Fest. / Genuine Voices Charity Concert

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a Third semester Contemporary Writing and Production major and trombone principal. She also studies jazz vocals, and a cappella.

こんにちは。日本の夏もボストンの夏も、そろそろ終わりに近づいているようですね。日本は酷暑だったようですが、ボストンは本当に暑い日々は2週間もなかったように思います。私は初めてボストンで夏を過ごしたのですが、涼しくなりはじめて、まさかこれで夏が終わるわけじゃないよね?と、友達に聞いたら「これで終わりだよ!」と言われてびっくりしました。北海道と緯度がほぼ同じだそうなので、北海道の海に近い場所の気候を想像していただければ良いかもしれません。

さて、この週末はグリーンフェスという大きなイベントとチャリティコンサートに行ってきました。

グリーンフェスは金土日と3日間野外で開催され、大小3つのステージでは音楽だけでなく、ファッションショー、ドッグショー、更には結婚式まで!

ステージの周りには食べ物飲み物のほか、服飾品、楽器、ヘナアート、保険などなど、様々なテントが並んでいました。

楽しかったのは、このサウンドインスタレーション。

それぞれの柱の下の方にある白いペイントがされている部分の穴を何かで遮るとシンセサイザーの音が鳴るのですが、柱ごとに違う音がしたり、色が変わったり、手を穴の前で振ると音数が増えてにぎやかになったりしました。

ステージのコンサートでは、以前ご紹介したWomen of the WorldのみなさんとWambura Mitaruさん(facebook page) も圧巻のパフォーマンスを披露していました。

続いてのチャリティコンサートは、日本ご出身でバークリー卒業生の珠里さん率いるNPO団体Genuine Voicesの主催で在ボストン日本総領事公邸のお庭で開催されました。Genuine Voicesは少年院にいる子供たちに音楽を教えることを通して、彼らに厚生の道を開く活動をしている団体です。

こちらはGenuine Voicesを応援するミュージシャンの方々の演奏のほか、SkyBridge, Women of the World, そしてコンサートの最後にはSkyBridgeとWomen of the Worldが合同で演奏したり、インターン生やスポンサーの方々からスピーチがあったり、朱里さんからのご挨拶があったりと、素晴らしいお庭でいきいきした人々と過ごす豊なひとときでした。

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください。