Category Archives: Japanese

雪の状況 – 東北記念イベント

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 5th semester Contemporary Writing and Production major, trombone principal student. Also, she has many experiences of singing in choirs and a cappella choruses since she was a child. She Graduated Kunitachi College of Music in Tokyo with bachelor of music degree from music education major. Therefore, has license of teaching music in japanese Junior high/high schools.

みなさんこんにちは。
今年のボストンは稀に見る頻繁な大雪に見舞われています。
今学期開始以来、毎週末吹雪か大雪が降るため、月曜は毎週休校。ある時は水曜まで3日間休校になりました。今のところ月曜3日間、火曜3日間、水曜1日が休校になっていて、月曜と火曜の授業は一学期間15回中3回の授業が無くなっているので大打撃です。授業の内容や先生によっては休校の日にオンラインで授業や質疑応答をしているようですが、インターネットの回線が弱いところからは参加できないこともあったりと、難しいようです。

ボストンでは2月9日まで30日間の積雪量が約154cmを記録し、1978年に観測された約149cmの記録を更新して観測史上最高となったそうです。風向きの違いや、除雪された雪が積み上げられている部分に更に積もったりするので、154cmより低いところもあれば、2mよりもはるかに高い山も珍しくありません。
アパートや建物の入り口前や校舎の面している道路などは除雪されていますが、そこ以外の道は除雪されてもまた雪が積もって滑りやすくなったりして、通学や近所への買い物だけでも一苦労です。

雪国なので大抵のアパートは暖房費とシャワーやキッチンの温水料金は家賃に含まれていることが多く、屋内は全館管理で暖かいのですが、外気温はこのところ最低–13度から–20度、最高−9度から-2度とのことで、風などによって体感気温は更に下がります。おしゃれを優先したら凍えてしまうので、マフラー、イヤーマフやニットキャップなどで顔をなるべく覆ったり、強盗のような顔全体のマスクをする人もいるので、道端ですれ違う人が友達でも気付かないことが多いですが、欧米人、特に若者は、薄着の人が多いです。長距離の移動ではないのかもしれませんが、コートを着ていなかったりハーフパンツを着ていたりと、日本人とは体感気温の差があるようです。

多国籍な学生が通うバークリーでは、Winter Closetというシステムがあります。秋になると不要になった冬物衣類の寄付を一定期間募って、冬の始まりに先着順で持っていって良い日が設けられ、無料でもらえるというもので、当ブログでSkyBridgeのインタビューに協力してくれたWamburaが始めたものです。アフリカから1月にボストンにやってきたWamburaは防寒着が全くなくて、留学最初に苦労した経験から考案したそうです。今では恒例になって、今年は初めて春学期にも開催されました。冬服を必要とする学生に重宝されています。
ちなみに私はスノーブーツを持っておらず、雪道を歩くのに長靴でやり過ごしていますが、購入すべきか悩んでいます。

さて、今日は最後に、バークリーで開催される”東北イベント”のお知らせです。

東北の現況と、311を忘れないためのイベントだそうで、3月31日の午後6−8時にRed Roomで無料開催されます。参加ご希望の方はtohoku2015.eventbrite.comで事前登録をしてください。

当日のプログラムはこちら。
6:00 – 6:15: Registration & Opening Remarks
6:15 – 7:15: Presentations by speakers & performance by TOMODACHI Berklee scholars
7:15 – 8:00: Reception

東北に縁のない暮らしをしていると、現地では今も復興支援を必要としているという事実を忘れてしまいがちです。ボストンにいる日本人にも、再度東北のことを思い出してほしいという思いから開催されるそうです。

それでは、今週もあたたかい一週間をお過ごしください。

Master Class with Jacob Collier

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 5th semester Contemporary Writing and Production major, trombone principal student. Also, she has many experiences of singing in choirs and a cappella choruses since she was a child. She Graduated Kunitachi College of Music in Tokyo with bachelor of music degree from music education major. Therefore, has license of teaching music in japanese Junior high/high schools.

みなさまこんにちは。早くも2月になってしまいました。いかがお過ごしでしょうか?
ボストンのあるマサチューセッツ州を含むニューイングランド地方は、このところ3週間連続で週末から月曜にかけて吹雪になっているため、バークリーは3週連続月曜が休校です。。。前回の記事を投稿した週は、結局水曜まで休校になったりしたので、何だかまだ冬休みのような不思議な感覚です。

さて、今回はJacob Collierというイギリスの天才ミュージシャンがバークリーでマスタークラスをしたので、そのご紹介です。

バークリーでは、様々なアーティストを招いてパネルディスカッション、クリニック、ワークショップ、マスタークラスがちょくちょく開催されます。
今回のマスタークラスは、学生のクラブ’Contemporary Production Club’が直接Jacob本人と連絡を取り合った結果、彼がマサチューセッツ工科大学とミーティングのためにボストンに来る予定があることがわかり、バークリーにも来てもらえることになったというラッキーな展開で実現したそうです。

まずは彼が今回のワークショップでメインにとりあげた作品をご覧ください。

全ての楽器をJacobが演奏しているのにお気づきでしょうか?今年20歳になる彼は音楽家のご両親を持ち、自宅に様々な楽器のあるスタジオがあるようです。現在がイギリスの音大に通っていますが、高校からその付属高校で音楽を学びつつ、16歳の頃YouTube動画で一躍有名になり、その後リリースする動画も期待を裏切ることなく益々有名になって、パットメセニー、チックコリア、ハービーハンコック、TAKE6、クインシージョーンズにも才能を認められて活躍の場を広げているようです。彼の略歴はご本人のウェブサイトをご覧ください。

というわけで、先日バークリーで開催されたマスタークラスも、会場は彼の登場を心待ちにする学生や教員でごった返していました。こちらは彼が渋滞で遅れてやっと登場した時の様子です。

2時間とめどなく溢れ出る彼の知識やノウハウや人柄は、その場にいた人たちを魅了し、唸らせ、圧倒させていました。とにかく音楽を楽しんでいて、音楽理論が博識なだけでなく、この日話題に出ただけでもインド、モロッコ、西アフリカなど、世界中さまざまな地域の文化を背景にした音楽を知り尽くしている様子でした。

彼の動画を2、3年前から見てきた私としては、その音楽を録音、ミックスした本人のLogicというソフトウェアのファイルを見せてもらえて、細かいトリックなど説明が聞けたことはとっても興味深かったですし、自分の今後の参考にもなりました。

当初9時までの予定がJacobの情熱溢れる講義の内容や学生からの質問は留まることがなく、結局会場の都合で9時半にやっとお開きになったのですが、一緒に写真を撮ったり個別に質問をしたい学生に囲まれて、結局10時すぎに何とか解散となったようでした。

私も、友達と一緒に写真を撮ってもらいました。

この翌日にはMITでミーティングがあったそうなので、今後もテクノロジーを駆使して新しい音楽を展開していくのでしょう。現在アルバム制作中とのことなので、完成が待ち遠しいです。youtubeに彼の他の作品も沢山載っているので、是非ご覧ください。

それでは、今週も良い一週間をお過ごしください。

史上最大の吹雪到来?!

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 5th semester Contemporary Writing and Production major, trombone principal student. Also, she has many experiences of singing in choirs and a cappella choruses since she was a child. She Graduated Kunitachi College of Music in Tokyo with bachelor of music degree from music education major. Therefore, has license of teaching music in japanese Junior high/high schools.

みなさんこんにちは。
今日もブログをご覧くださり、ありがとうございます。

さて、日本のニュースでも話題に乗っているようですが、アメリカの東海岸、ニューヨークやボストンを含むニューイングランド地方には史上最大とも言われる大寒波が現在到来中です。

ボストンで一冬過ごすと吹雪には慣れます。当然マイナスの気温での外出にも慣れるので、温度計からマイナスが外れると、それが0度でも1度でも、とても温かい日だ、という認識になります。しかし、風が吹くととても寒いので、吹雪は大敵です。

バークリーでは吹雪の予報が出ると休校の案内があちこちで発信されます。バークリーのウェブサイト、メール、携帯へのメッセージ、ボイスメールで携帯への通知と、必ず情報が伝わるように、これでもかというほどお知らせしてくれます。ボストンの中でも中心地にあるバークリー近辺にいると雪かきがされている箇所が多いため、休校するほどではないような印象を受けることもありますが、電車や車で通う先生や学生も多いことから、安全のために手遅れになる前に決定するのでしょう。

さて、休校になると喜ぶ学生と悲しむ学生とに分かれます。
苦手な授業や準備ができていない授業が休校になるのを喜んだり、楽しみにしていた授業やアンサンブルが無くなるのは残念ですし、やはり学費が高いので、休校になると私などは大金を損したような気分になります。天候による休校の場合は補講されないことが多いので、実際に損しているわけですが。

というわけで、ここまではこのあたりに住んでいると慣れてくる光景なのですが、今回は「史上最大」と言われるだけあって、これまで来たことのなかった日本領事館からの警戒メール、電気&ガス会社から、万が一電気やガス系統が切れた場合のために備えをしておくようボイスメールがありましたし、明日が寒波の本番なので、今夜から明日引きこもる準備のために買い物へ行くと、もちろん他の人たちも同じ考えで長蛇の列!どこのスーパも生鮮品はほぼ売り切れていたようです。写真はインターネットで見つけたものですが、NYマンハッタンのスーパーの様子だそうです。売り切れて棚の黒い土台が見えていますね。

私は懐中電灯をすぐ手に取れる位置に置き、冷めても食べられるお茶や煮物を多めに作ったり、浄水ポットに多めに水を汲んでおきましたが、どこか特に大事には至らないような気がして、本当に停電やガスが止まった時に間に合うほどの対策はしていません。。。無事に通過することを願うばかりです。

それではみなさま、温かい一週間をお過ごしください。

ご紹介。阿部恒憲先生

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 5th semester Contemporary Writing and Production major, trombone principal student. Also, she has many experiences of singing in choirs and a cappella choruses since she was a child. She Graduated Kunitachi College of Music in Tokyo with bachelor of music degree from music education major. Therefore, has license of teaching music in japanese Junior high/high schools.

みなさんこんにちは。
2回に渡り、小田桐和寛さん、寺久保エレナさんの卒業生インタビューをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

さて、今回は、秋学期に履修していたVocal Writingの授業で教えていただいた阿部恒憲先生と、そのクラスで一緒だったサラがバークリーブログの韓国語担当なので、昨年末、学期最後の授業の際に記念に撮った写真をご紹介します。

写真一番左から、台湾出身のクラスメイト、ミカ、阿部先生、私、そして韓国語ブロガーのサラです。

この授業では、強弱記号や英語の歌詞を楽譜でどのように表記、配置するか、ボーカルパート譜の作り方、ハモりパートが1−4パートある場合のアレンジの仕方、バリエーション、録音時や録音後にミックスする時のテクニックやちょっとしたトリックなどなど、とっても詳しく丁寧に教えていただきました。
私は産まれる前から合唱やアカペラに親しんできましたが、作編曲はしたことがなかったので、色々と新しい学びが多く、特に英語の歌詞の表記などはとっても勉強になりました。
阿部先生は厳しいことで有名ですが、学生のために間違ったことを覚えないよう、或は怠けることが学生自身の損につながることを教えてくださるので、いつも新学期の授業を登録する際にはすぐに満席になってしまい、とても人気があります。

私は阿部先生の授業はもう履修することは出来ないのですが、阿部先生が2007年から指導しているNPOBoston Jazz Voicesのメンバーなので、BJVで引き続きお世話になります。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、バークリーは今週から春学期が始まりました!
今学期入学した新入生は、先週から入学手続きに続いてオリエンテーションや実力テストを受けたり、上級生から色々と説明をしてもらうPeer Advisorというグループ分けをされるミーティングに集まったりしています。

バークリーでは、授業によっては実力試験で受講修了後と同等以上の知識が認められれば授業を受けずに単位をもらうことができますが、そのテストは授業が始まる前週に行われます。そして毎学期授業の第一週目は仮で、二週目が始まる前日まで授業の変更が可能です。私は卒業まで計画的に授業を履修するために、今週は色々な先生に連絡をして会ってもらって相談したり、今学期の授業の組み立てを色々と考えています。うまく行くことを願って。。。

それでは、良い一週間をお過ごしください。

祝・ご卒業!寺久保エレナさん インタビュー

yoshieYoshie Nakayama, from Tokyo, is a 4th semester Contemporary Writing and Production major, trombone principal student. She also studies jazz vocals, and vocal ensemble. She graduated Kunitachi College of Music in Tokyo with bachelor of music from music education major. She has license of teaching music in japanese Junior high/high schools.

あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願い申し上げます。
みなさま、新年いかがお過ごしでしょうか。

さて、前回に引き続き、今回も卒業生インタビュー第二弾をお送りします。
今回は、高校生でCDデビューをし、バークリーの学費も食事付きの寮費も免除されるプレジデンシャルスカラシップを日本人で初めて授与された、サックス奏者 寺久保エレナさんです。

at BLUE NOTE TOKYO in 2013

Continue reading